医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数798
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「医療保険制度の概要について」
    1.医療保険制度とは
    医療保険制度とは、病気や傷病、不慮の事故に備えて危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、国民の健康の保持・増進をはかるために、疾病の予防・治療・リハビリテーション等の保健医療サービスの機会を、公的な医療制度によって保障することである。医療保障制度は、医療そのものを国が供給する医療サービス型と、社会保険制度を用いる医療保険型に分けられる。ちなみにわが国は、医療保険型を採用している。 2.医療保険制度の体系
    わが国の医療保険制度は、1961年に制定された日本国民すべてがいずれかの医療保険制度に強制加入するという「国民皆保険」という仕組みを取っており、大きく2つのグループに分かれている。その制度を大別すると、サラリーマンを対象とする健康保険制度(職域保険)と農業・自営業者等を対象とする国民健康保険制度(地域保険)の二つに分けられる。
    さらに健康保険制度には、主に中小企業のサラリーマンを対象とする全国健康保険協会(協会けんぽ)と主に大企業のサラリーマンを対象とする組合健康保険のほか、船員を対象とする船員保険、公務員や私立学校教職員などを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。