間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数832
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「間接援助技術の必要性,今後の課題について述べよ。」
    1.関連援助技術の必要性について
     社会福祉援助技術の中には、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の3つのアプローチ方法あり、それぞれの援助技術は、相互に関係しあい、関連しあう。
    間接援助技術とは、直接援助技術のように利用者と直接に対人的に関わって支援していく援助技術ではない。その内容は、人ではなく環境に働きかける活動のマクロからミクロの領域まですべての活動を含んでいる。つまり、社会福祉制度の充実、社会福祉期間や施設などのより効果的で質の高いサービスを生み出すための運営管理、地域社会における福祉コミュニティの創造や地域を構成する協働システム作りなど、マクロ的な視点から、メゾ・マクロの視点、ミクロの視点までが実践されており、それらをすべて含んでいる。
    間接援助技術の必要性は、①社会資源の整備:福祉サービスを必要とする人が、その必要に応じて的確な援助を受けるためには、生活する地域に必要な福祉サービスが整備されていなければならない。②周知:社会資源が整備されていても、周知されていなければ利用できない。③連携:福祉の諸サービスと保健・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。