在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数490
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について」
    1.在宅福祉サービスについて
    在宅福祉サービスとは、社会福祉の援助を必要とする者に、在宅での生活を継続させながら,必要な援助サービスを行う社会福祉の援助方法である。1970年代頃、在宅福祉の重要性が叫ばれ始め、施設福祉に対する方法とされてきた。その後、在宅福祉は社会福祉の基本理念の一つであるノーマライゼーション(正常化)を具体化するものとして捉えられ、地域福祉の重要な柱の一つとして、施設福祉との連携が重視されるようになってきている。
    これまで「在宅三本柱」として①ホームヘルプサービス、②ショートステイ、③デイサービスを中心に整備拡充が図られている。この3つのサービスのほか、福祉用具(車いす、特殊ベッド、緊急通報装置等)の給付、配食サービスや訪問入浴サービスなどがあり、今後は訪問介護サービスのさらなる拡充が期待されている。
     在宅で生活している高齢者の居住形態としては、ひとり暮らし、夫婦のみ、三世代世帯のように、多様な形態をとっている。また、経済的にも貧富の差はかなり大きく、在宅高齢者の生活構造は千差万別であり、そのニーズもまさに多様であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。