ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数448
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライフサイクルの変化と高齢者福祉について」
    1.ライフサイクルの変化について
     わが国は、戦後から目覚しい経済発展を遂げ、それまでのライフサイクルが次々と変化していった。この急激な変化は人間の一生のライフサイクルに大きな変化を与えただけでなく、家族関係の変化や少子化など長寿社会を取り巻く周辺の環境にもさまざまな影響を及ぼした。そのため、それまで生活してきたようなライフサイクルは変化し、健康や平均寿命、人口・年齢構造、経済側面などさまざまなものに影響を与えた。以下に、戦後から現在まで、ライフサイクルの変化によって影響を与え、変化してきたことを述べていく。
    (1)健康と平均寿命
    戦争直後、死因の中で上位を占めていた結核、肺炎・気管支炎、胃腸炎の死亡率が著しく減少し、現在では、いわゆる成人病といわれる脳血管疾患、ガン、心疾患が死亡率の上位を占めている。また、罹病率の高い疾病についても、伝染病や寄生虫病が激減し、代わって呼吸器系疾患や高血圧等の循環器系疾患が増加している。公衆衛生や治療技術の進歩は多くの疾病から人々を解放した反面、逆に現代社会における食生活、住環境、人間関係等の中で栄養過多、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。