憲法の定める自由権(特に精神的自由権)について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,714
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉刑法宗教経済自由企業社会

    代表キーワード

    憲法福祉刑法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「憲法の定める自由権(特に精神的自由権)について述べよ。」
    はじめに
     憲法が保障している自由権の中には、精神的自由、人身の自由、経済的自由の3つがある。この中の精神的自由権は、経済的自由と人身の自由に比べてより強い保障が及ぶと理解されている。つまり、精神的自由を制約するための根拠としての公共の福祉は経済的自由・人身の自由を制約する根拠としての公共の福祉より、より強い制約の必要性を有するものでなければならないからである。
    また、精神的自由は、他の自由の根本ともなる存在である。精神的自由権の中には、思想・良心の自由、信教の自由、表現の自由、学問の自由があり、4つの権利に代表的な判例を折りいれつつ、以下に述べていく。
    (1)思想・良心の自由(憲法第19条)
     思想・良心の自由は個人の世界観、人生観、主義、主張など、人格を支える内面的な精神作用を制限せずにどのような思想を持ってもよい自由を言う。これは憲法第19条の文「思想および良心の自由はこれを侵してはならない」として日本国憲法の中で保障されている自由である。個人の思想が内面にとどまっている限りはいかなる理由によっても制約されず、たとえ国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。