社会福祉調査の性格と類型についてまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,346
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ」
    1.社会福祉調査の性格と類型について
     社会福祉調査は、社会福祉に関わる特定領域における社会事象を対象とし、さまざまな社会福祉活動を支え、それを理論付ける重要な間接援助技術である。この社会福祉調査の基本的性格とは、①新しい福祉サービスの開始や、即存の福祉サービスの改善を計画したとき。②見逃された問題や新しく生起した問題を掘り起こして福祉課題として取り組もうとするとき。③市長村が将来の福祉需要に対する施設・サービスの整備計画や政策を策定しようとするとき。このような場合の的確な現状把握を行う方法の1つである。また、住民の社会福祉に対する要望にどのように応えるか等々の課題に対して解決策を立てるための根拠となる資料の提供にも使われる。
    「社会福祉調査」は「社会調査」の一応用分野であり、社会調査とは、特定に社会事象に対して、その対象及びそれに関する諸事実を、現地調査を中心として収集し、その整理・分析・総合を通じて、対象の科学的解明を目指す過程及び方法である。その中には、指定統計、事態調査及び意識・意向調査、市場調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。