社会福祉士・介護福祉士が誕生した背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要か述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数742
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉日本社会福祉情報経済社会高齢者介護地域高齢化

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士・介護福祉士が誕生した背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要か述べなさい。」
    近年、わが国の平均寿命は人生80年の世界一の長寿大国へと様変わりしてきた。日本人の平均寿命は、2005年には男性78.64歳、女性85.59歳にまでなっている。明治時代から、第二次世界大戦前までは40歳台に過ぎなかった。その後も日本人の平均寿命は延び続けていった。平均寿命の延びは、高齢者の増加を意味する。1970年には総人口に占める65歳以上の高齢者の人口比率が7%だったものが、1995年にはその二倍の14%を超え、2005年には20%となり、5人に1人が高齢者となった。さらに、人口構造の高齢化は今後も進むと予測され、2015年には、国民の4人に1人が高齢者となる超高齢社会の到来が危惧されている。
    高齢社会の進展は要介護高齢者が急増することを意味している。これに伴い、高齢者の介護が増加することになった。同時に家族介護者の高齢化も進行している。たとえば、80歳の両親の面倒を、65歳の息子が見るという老老介護が起きてきているのだ。厚生労働省大臣官房統計情報部の「平成16年国民生活基礎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。