社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数709
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。」
    1 はじめに 
     社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)は、寝たきり、経済上の困難、心身の障害、病気、その他のさまざまな生活課題を調整し解決していく科学的な知識と技術を基礎にした専門的福祉サービスを体系化したものである。この体系化された諸援助技術は、「直接援助技術」、「間接援助技術」、「関連援助技術」に大きく三つに分類されている。また、これらはさらに12個に分けられ、以下に各援助技術について述べていく。
     2 社会福祉援助技術の種類と概要
    (1)直接援助技術
     利用者自身へ、直接的に行う援助技術であり、それには、個別援助技術と集団援助技術から構成されている。
    ①個別援助技術の過程は、まずインテーク(受理)から始まり、クライエントとワーカーが面接によって問題点を明確にし、ラポール形成から始まる。インテークの結果、情報収集と分析をおこなうアセスメント(事前評価)に移り、具体的な援助の実施計画や短・中・長期目標を設定する。アセスメントの結果、クライエントに援助が提供される。また、モニタリングを行い、援助プランが効果を上げているか確認する。最後に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。