個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数813
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    個別援助技術ケースワーク

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べよ。』
    1.個別援助技術(ケースワーク)とは何か
    社会福祉における援助技術は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術がある。直接援助技術には、ケースワーク(個別的援助技術)、グループワーク(集団的援助技術)に大別できる。個別援助技術(以下、ケースワーク)とは、援助を必要とする個人と家族に対して、クライエント(利用者)とケースワーカーが直接会って問題に対応する。また、ケースワークは、個人とそれにかかわる集団に対してケースワーカーが援助する「ワーカーとクライエント集団の関係」のことをいう。
    2.ケースワークの歴史的展開
    (1)ケースワークの誕生
    ケースワークのおこりは、1869年にロンドンで設立された「慈善組織協会」(Charity Organization Society:COS(以下、COS))が行った慈善活動にみいだすことができる。活動の内容として、援助を必要とする人やその家庭を一つ一つ個別的に訪問(友愛訪問)し、救済するというものであった。
    COSは、やがてアメリカに渡り、活動が広がっていった。しかし、援助実践は生活問題に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。