個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数605
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    ケースワーク個別援助技術

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ。
    1・個別援助技術の概要
    ケースワーク(個別援助技術)は、クライエントの心理的、社会的な生活課題を抱えている個人や家族にして、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの密接な信頼関係のうえに成立する。グルプワクやコミュニティワクなどの援助技術との違いは、特に援助者の主が介入しやすいことにより、その援助者の特性によって援助方法が異なることである。クライエントの主体性を尊重し、福祉サービスを提供する際には利用者の自己決定を支援しなければならない。
    2・ケースワークの展開過程
    ケースワークの過程は、伝統的な立場として「診断主義」と「機能主義」の二通りの考え方が挙げられる。
    診断主義の展開過程は、調査・診断・治療という順に利用者の置かれている社会・心理的状態を明らかにする為に行われる診断が有効な処遇を可能にすると考えられたものであり、社会的診断を重視している
    また、機能主義のようなワーカーとクライエントとの関係の活動に重点をおいて、ケースワーク過程を時間的経過に区分し、開始期・展開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。