Martin Luther King, Jrについて日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ.

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数936
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「8章『
    1.要約
    公民権運動指導者マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの生涯の仕事は、平和的手段によって、アメリカ黒人のために社会的・政治的・経済的平等を獲得することであった。キング博士が中心となって指導した公民権運動は、黒人だけでなく、あらゆる人種の人々の人種間平等への意識を高めた。そして、キング博士は非暴力変革によって社会に貢献したとされ、1964年にノーベル平和賞を受賞した。しかし、公民権運動を推し進めるなか、キング博士は人種差別主義者によって酷く攻撃され、ついには1968年に暗殺された。
    彼はジョージア州のアトランタで、バプティスト派牧師の家に生まれた。彼はモアハウス大学に入学し、将来、医者か弁護士のどちらかになるつもりでいた。しかし、結局は牧師の職を選んだ。モアハウス大学を卒業した後にボストン大学大学院に進学し、博士号を取得した。在学中、彼はイギリス支配からインドを非暴力抵抗運動によって解放したマハトマ・ガンジーを崇拝するようになった。後にキング博士は、公民権運動の「実践テクニック」をガンジーから、「自分の理想」をキリスト教から得たと語っている。
    当時南部では、都市バスは法律によって人種隔離が行われ、白人専用の席が満員になればその法律によって、黒人は白人のために自分の席を譲らなければならなかった。ある日モントゴメリーで裁縫婦のローザン・パークスが白人に席を譲らなかったことで、警察に逮捕された。この法律に抗議するために、キング博士はバスのボイコットを指揮し、382日間にわたって続けた。ボイコットの間、キングはなんども嫌がらせを受けたり、逮捕されたりした。しかし、最後には抗議者たちは勝利し、合衆国最高裁判所は都市バスがしている人種差別の法律を違憲であると裁決した。このボイコットは国内の注目を南部に集め、キング博士の知名度も急激に高まった。そして、彼は新しく成立した南部キリスト教指導者会議(SCLC)の議長に就任し、人種分離法に抗議するための行進を指導した。
     1963年8月にキング博士は、人種間不平等に抗議するワシントン大行進に参加した25万人を先導した。リンカーン記念堂の台座の前で、有名な「私には夢がある」という演説を行った。そして、この演説の成果によって、翌1964年にアメリカ国会で公民権法が可決された。
     キング博士は黒人清掃員のストライキを援助する為、1968年にメンフィスに訪れたときに、ホテルのバルコニーで暗殺された。キングが亡くなった後、彼の非暴力抗議技術は反戦活動や女性解放運動の新しい時代を作った。今日、彼の誕生日になると「今世紀生まれの唯一のアメリカ人」と尊敬され、国民の休日として祝賀している。
    2.私の考え
    ①キング博士の貢献
    1963年の8月23日、この日に起こったワシントン大行進は黒人だけでなく白人やあらゆる人種が25万人も集まった。また、ワシントン大行進に参加した25万人のうち4分の1は白人であった。大行進は成功し、ケネディ大統領が公約していた公民権法が制定された。キング博士はこの大行進を指導し、リンカーン記念堂の台座の前で不朽の名演説である「私には夢がある」を行った。彼はアメリカに居住するすべての人々のため、自らが抱いている正義と公平に関する理想のあらましを述べた。
    彼が指導するすべての公民権運動は非暴力抵抗主義であり、この大々的な公民権運動での業績が評価され、ノーベル平和賞を受けている。これは史上最年少の受賞

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「8章『Martin Luther King, Jr.』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。」
    1.要約
    公民権運動指導者マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの生涯の仕事は、平和的手段によって、アメリカ黒人のために社会的・政治的・経済的平等を獲得することであった。キング博士が中心となって指導した公民権運動は、黒人だけでなく、あらゆる人種の人々の人種間平等への意識を高めた。そして、キング博士は非暴力変革によって社会に貢献したとされ、1964年にノーベル平和賞を受賞した。しかし、公民権運動を推し進めるなか、キング博士は人種差別主義者によって酷く攻撃され、ついには1968年に暗殺された。
    彼はジョージア州のアトランタで、バプティスト派牧師の家に生まれた。彼はモアハウス大学に入学し、将来、医者か弁護士のどちらかになるつもりでいた。しかし、結局は牧師の職を選んだ。モアハウス大学を卒業した後にボストン大学大学院に進学し、博士号を取得した。在学中、彼はイギリス支配からインドを非暴力抵抗運動によって解放したマハトマ・ガンジーを崇拝するようになった。後にキング博士は、公民権運動の「実践..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。