少子化の要因と児童に及ぼす影響について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数395
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     少子化の要因は大きく分けて3点である。一つは晩婚化の進行である。特に女性の高学歴化と価値観の多様化、積極的な社会進出が影響し、25歳~29歳までの未婚率は増大している。次に非婚率の上昇である。結婚しない、子どもを持たない自由な社会的自立を尊重する人々が増えたことである。次に夫婦の出生力の低下、つまり結婚した夫婦が子どもを持たない、多く持たないということである。理由は「子育てに経費がかかる」「教育費がかかる」「家が狭い」などの経済的理由が多くを占める。そんな我が国の現状から、厚生労働省の取り組みとして、―子どもを産み育てることに「夢」を持てる社会を―とある。具体的には、男女とも家庭や地域での生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。