高齢者福祉と保健・医療の連携について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,537
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    我が国の65歳以上の人口は2004(平成16)年において2488万人であり、総人口にしめる割合は19.5%となっている。今後も高齢者人口は増え続け2050(平成62)年には高齢化率は35.7%に見込まれている。こうした時代背景において医療・保健・福祉の連携は非常に大切である。
    医療と保健・福祉サービスは「人がより質の高い生活を送るためのサービス」を提供するという点で共通の目的を持っている。これまで、医療・保健・福祉の各分野でそれぞれ実施されていた「介護サービス」を統合し、2000(平成12)年介護保険制度がスタートした。この制度では、介護支援専門員を中心に各専門職者の連携が十分にとられるよう、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。