教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数284
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会の構造変動として、情報化・国際化・高齢化・高学歴化が進行すると、教育はそれぞれどのように変化するのかについて論ぜよ」
    現代社会において、教育を取り巻く社会状況は急速に変化している。特に、東西冷戦構造の崩壊後、経済を中心とする世界規模の競争が激化する中で、時代は、我が国の経済、社会に否応なしに大きな転機を迫っている。以下の①~④に示す社会情勢の流れを踏まえて、教育への影響について考察を行う。
    情報化社会の到来
    ADSL、ブロードバンド時代の到来により、現代社会は、より多くの知識、情報を短時間で入手し、発信し、交換することが可能となった。また、将来的に報や知識がだれにとっても身近なものとなっていくと同時に、高い付加価値性を帯びた知的サービスが社会において果たす役割も一層重要性を増すものと考えられる。このような中で、専門性の高い多様な知識や情報が社会を動かす原動力となる「知識社会」化が一層進行すると考えられる。これは、あらゆる職業生活が新たな知識や技術の習得の必要度を高めるという意味で国民全体にかかわる変化である。そのため、「知識社会」においては、個人にとっては知識や技能の習得が就労機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。