JT_企業分析プレゼン原稿

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数321
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    それでは、これから私たちの発表を始めたいと思います。
    われわれはJTの投資判断をBUYとしました。
    基準日の株価は27万2500円、理論株価は35万5440円となり、現在の株価は本来の企業価値より23%割安であると考えます。
    それでは、具体的にJTの事業についてみていきましょう。
    本日はこのような流れで説明をしていきます。
    この図はJTの事業ポートフォリオです。
    JTは国内たばこ事業、海外たばこ事業、食品事業、医薬事業の4事業で構成されています。
    特にたばこ事業に関しては、国内、海外合わせて93%を占めており、残りの6%を食品事業、1%を医薬事業が占める状態となっています。
    それでは、各事業について個別に事業予測してみたいと思います。
    まず、国内たばこ産業についてみてみましょう。
    国内たばこ事業は売上高3兆420億円という大規模な事業となっています。
    しかし、近年では、国内における健康志向や禁煙規制、喫煙人口の減少、政府の増税などの影響によって、需要が一貫して減少しています。
    私たちは、特に国内たばこ事業の将来予測をするにあたって、
    「青年人口の減少」と「政府による規制」ということに重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。