経営戦略論_期末試験対策

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数760
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    【経営戦略論_期末試験対策】
    1.産業組織論的アプローチ
    ・規模の経済について復習すること⇒バリューチェーン上でどのように規模の経済が生まれるか
    ・ポーターの5つの競争要因分析について復習すること⇒具体的に何がどう作用するか
    ・事例について復習すること
    規模の経済:
    単一の製品やサービスを、一定期間に、より多く製造・販売するにしたがって平均の単位コストが減少する現象。
    ⇒バリューチェーン上の主に生産過程において、大量生産によって単位あたりの変動費以外の費用が相対的に低減することを規模の経済という。
    ポーターの5つの要因分析
    Ⅰ:売り手の交渉力⇒代替品なし、買い手にとって重要な部品である:交渉力強し
    Ⅱ:買い手の交渉力⇒販売コスト
    Ⅲ:代替品の出現可能性⇒値上げ・値下げの影響度
    Ⅳ:新規参入の可能性⇒規模の経済が重要、算入に必要な投資過大、政府規制アリ:参入障壁高い
    Ⅴ:市場で競合する企業間での競争
    上記のポーターの競争要因を事例を用いて説明する。
    JFEの事例:ゴーンの宣言前は高止まりであった鋼板価格競争の火蓋が切って落とされたことをきっかけに、NKKと川崎製鉄所の統合はお互いに経営..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。