セブンイレブンの戦略

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数5,840
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    の講義において提出したものの一部です。
    セブンイレブンの戦略
                               
    CRM:情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。
    か?
    ユーザーニーズに適している点、とくにオリジナル商品のラインナップの豊富さ
    (弁当やパン、おにぎりなど)が他のCVSよりもおいしく、バラエティーに富むとの意見が意外にも多かった。
    陳列がとても見やすく、雑誌の置き方においても明確に趣味に応じた置き方がなされており、多様な顧客へのマーケティングがなされている(例えば、出口から順に、漫画、女性誌、男性向き雑誌、様々な趣味用の雑誌、成人用の雑誌となっており位置関係における人の心理を分析した置き方になっているように思われる)
    3.店頭で取り扱ってない雑誌を顧客の要望ですぐに取り寄せるようにする雑誌お取り置きサービスの実践
    4.セブンアンドワイ展開する本、CD、DVDを扱うストア)で商品を買い、近所のセブンイレブン受け取りにすると、1500円以下の本でも送料無料になり、この場合、代金も受け取り先のセブンイレブンで支払うので、クレジットカードが不要となる
    5.「期限識別システム」により、お弁当や惣菜、オリジナルのパンなどの安全が保たれている(2008年1月現在、レジで期限切れを自動的に警告するシステムに活用が可能となる消費期限や製造工場などがわかる新型バーコードの導入を検討中)
     →が相次いでいる中、セブンイレブンは他社に比べ迅速に消費者の食に対する懸念を取り除く活動を行なっている
    6.2007年4月23日、FeliCa方式を採用したセブン&アイ独自の電子マネーnanacoを東京都内1500店舗で導入している。また、これにあわせて導入を進めている新型レジスターには、各種電子マネーに対応する松下電器産業製の「マルチリーダーライター」が組み込まれており同年夏以降QUICPayを利用することができる。
    7.Nanacoポイントの利用
     →商品を税抜き100円分購入するごとに1ポイントのnanacoポイントが自動的に付与され、1イントは1円相当の還元チャージを受けるとこができる(ただし、還元の際には1%の手数料が必要)
     →nanacoポイントは当初は還元チャージのみの利用だったが、JCB、Yahoo!、全日空など提携他社とのポイント相互利用にも順次対応させるとしている。(2007年12月現在未定)
    8.台湾における電子マネーサービス「icash」の利用
     →電子マネーサービス機能専門で、ポイントサービスが存在しない。その代わり、頻繁にオリジナルカード(主に企業が宣伝配布目的で作成)や、アニメ柄などの各種記念カードを発行しており、使用目的より、収集目的が強く、顧客の長期的な購買意欲に繋がる
    9.公共料金収納,キャッシュデスペンサーの設置など非物販サービス機能の充実
    10.セブンイレブンは四季に応じた商品開発を行なっており、その時期に消費者が好むものを出している。また、天候によってその日に置く商品を変化させるなど多種多様に顧客のニーズにこたえるといったマーケティング戦略を行なっている
    11.セブン銀行
    →Ⅰ.原則24時間365日使える

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    の講義において提出したものの一部です。
    セブンイレブンの戦略
                               
    CRM:情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。
    か?
    ユーザーニーズに適している点、とくにオリジナル商品のラインナップの豊富さ
    (弁当やパン、おにぎりなど)が他のCVSよりもおいしく、バラエティーに富むとの意見が意外にも多かった。
    陳列がとても見やすく、雑誌の置き方においても明確に趣味に応じた置き方がなされており、多様な顧客へのマーケティングがなされている(例えば、出口から順に、漫画、女性誌、男性向き雑誌、様々な趣味用の雑誌、成人用の雑誌となっており位置関係における人の心理を分析した置き方になっているように思われる)
    3.店頭で取り扱ってない雑誌を顧客..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。