環境問題と経済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,985
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    環境問題と経済社会レポート
    1.はじめに
     原生林の伐採により世界の自然は減少を続けている。原生林の伐採は、地球の温暖化・生物の多様性の減少・砂漠化など多くの地球環境問題と密接に関わっている。現在、原生林の伐採により大気中の二酸化炭素濃度が増加していること、二次林や人口林の増加に伴い生物の多様性が減少していっていることを踏まえ、失われた自然をいかにして取り戻すことができるか、その解決方法について考えていきたい。
    2.原生林の減少
     世界の広範囲な原生林のうちの80%は、この30年間で、すでに破壊されたり、姿を変えられてしまった。原生林はどのような要因で減少したのだろうか。
    原生林の減少には大きく分けて二つの側面がある。一つ目は、世界人口の増加に伴う食料・資源に関する要因であり、二つ目は商業伐採という経済的要因である。
     まず、世界人口の増加に伴う食料・資源に関する要因から見ていきたい。世界の総人口が急激に増加したのは、ヨーロッパを中心に産業革命が進行した18世紀後半から19世紀にかけての時期で、これが第一次人口爆発と呼ばれるものである。この人口爆発に伴い、商工業の発展や植民地への人口流出が起こった。商工業の発展は新たな土地が必要である。これにより森林の伐採が進み、産業革命の起こった国々の原生林は商工業の発展とともに失われた。第一次人口爆発後にも世界の人口は加速的に増加していくが、特に1950年以降の急増は幾何級学的で(1800年から1900年の年増加率は0.5%、1950年から1960年は1.8%、1970年から1965年は2.0%)1950年には25億だった世界人口は1970年には37億と20年間で12億増加しており、これは第二次人口爆発という。第二次人口爆発は医療の普及による死亡率の急減に対し、高い出生率が続いたもので、主として発展途上国にみられる。第二次人口爆発は産業の発展が伴わず、第三世界における貧困、食糧問題、雇用問題を発生させ、先進諸国への国際労働力移動をもたらすなど世界的な問題となっている。貧困は金銭的問題のため、食糧問題は農耕地開発のため、原生森伐採の原因ともなった。原生林の減少は、地域単位で行われた森林伐採の世界的結果ともいえる。
     次に商業伐採という経済的要因を見ていきたい。日本は木材の8割を輸入に頼っており、主にカナダ、ロシア、インドネシア、チリから輸入している。商業目的に行われる大規模な伐採によって、再生不可能なダメージを原生林の生態系に与える。また、環境への影響を無視した無計画な伐採により森林の分断化が起こることも考えられる。
     商業伐採では、特に発展途上国において違法伐採が横行していることも問題になっている。環境NGOグリーンピースは、ロシアから生産される木材の20%が違法伐採木材であり、許可証なしの伐採、許可証の偽造等の行為が横行していると指摘。一方、本問題に関係する沿海地方政府機関は、違法伐採木材は、許可を得て伐採された量の1%未満であると発表している。また、インドネシア政府は、違法伐採が森林に関する最大の問題であるとして、各国に対して支援を要請。英国とインドネシアの合同調査では、インドネシアで生産される木材の50%以上が違法伐採木材であると報告している。
    3.原生林減少の影響
    原生林破壊による影響は非常に深刻である。考えられる影響としては、①原生林に依存して生活する人々への脅威②生物多様性が失われ生態系が崩壊する可能性③地球の環境システム維持に対する影響④木材市場への影響などがある。
    原生林に依存して生活する人々

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境問題と経済社会レポート
    1.はじめに
     原生林の伐採により世界の自然は減少を続けている。原生林の伐採は、地球の温暖化・生物の多様性の減少・砂漠化など多くの地球環境問題と密接に関わっている。現在、原生林の伐採により大気中の二酸化炭素濃度が増加していること、二次林や人口林の増加に伴い生物の多様性が減少していっていることを踏まえ、失われた自然をいかにして取り戻すことができるか、その解決方法について考えていきたい。
    2.原生林の減少
     世界の広範囲な原生林のうちの80%は、この30年間で、すでに破壊されたり、姿を変えられてしまった。原生林はどのような要因で減少したのだろうか。
    原生林の減少には大きく分けて二つの側面がある。一つ目は、世界人口の増加に伴う食料・資源に関する要因であり、二つ目は商業伐採という経済的要因である。
     まず、世界人口の増加に伴う食料・資源に関する要因から見ていきたい。世界の総人口が急激に増加したのは、ヨーロッパを中心に産業革命が進行した18世紀後半から19世紀にかけての時期で、これが第一次人口爆発と呼ばれるものである。この人口爆発に伴い、商工業の発展や植民地への人口流..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。