児童福祉論いじめについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数670
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日、早急に解決すべき教育上の課題として、いじめ問題がある。先ずはその背景から述べてみたい。
    ほぼ毎日、話題になっているいじめ問題の背景については、家庭・学校・地域社会のそれぞれの要因が複雑に絡み合っていると考えられるが、現代社会の在り方そのものとも関わっており、この問題は、社会全体に投げかけられた大きな課題ではないだろうか。
    現代の日本社会は、物質的には豊かになったものの、人間関係が希薄化する傾向にあるという問題、家庭や地域社会における教育力が低下しているという問題、学校が子供達の多様な実態に十分対応できていないという問題など、様々な問題を抱えている。そうした中で、子供達については、生活体験・社会体験・自然体験、異年齢の者との交流、社会性が不足しているのではないか、他人への思いやり、生命や人権の尊重、正義感や法を守る等の基本的な倫理観が十分養われていないのではないか、自己抑制力、自立心等の生活態度にかかわるしつけが十分なされていないのではないか、ストレスを抱えているのではないか、など様々な問題が懸念されており、これらが背景として浮かび上がってくる。
    いじめ問題の背景には、このような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。