2008 アメリカ研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数503
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アメリカ

    代表キーワード

    アメリカ研究

    資料紹介

    「私には夢がある。いつかジョージア州の赤い丘で、かつて奴隷だった人の子と、かつて奴隷を所有していた人の子が、兄弟のように同じテーブルに座れるようになることを。私には夢がある。不正と圧制の熱で汗だくになっている砂漠の州、ミシシッピ、私の4人の子供たちが肌の色ではなく、彼らの人格で判断される国に住むことができることを。私には今、夢がある。」
    この言葉で有名で、人種差別と戦った人、それがキング牧師です。彼が行った数ある業績のひとつである、【バス・ボイコット運動】が印象的です。白人に反発し、嫌がらせや爆弾の被害に遭いながらも彼は「仕返しに暴力を使っても、問題の解決にはならない。汝の敵を愛せよ。汝を呪うものを祝福せよ。汝を虐げるもののために祈れ。それが私たちの生きる道だ。憎しみには愛をもって報いなければならない。」と言って非暴力を訴え続けました。なぜ彼は非暴力にあれほどこだわったのでしょうか?もし、私が彼と同じ立場に立たされたらまず暴力から入るでしょう。デモを起こし、問題の運転手やバス会社に怒鳴り込み、説得し、それでも何も変わらなかったら袋叩きにし・・・・自分の家が、家族が被害にあったら仕返しを考えます。自分の愛する人が危険にさらされ黙っている人はいないのではないでしょうか?しかし、もしこの時代にそんな事をしてもその後に残るものは一体何なのでしょう?それは悔しいけれどったのでしょう。殴りこみやデモなど暴力的になっても結局は力を持っている白人の暴力によって抑えられる。暴力で白人に戦いを挑んでも勝利はない、暴力に返ってくるのは暴力だけ、という事をキング牧師は認識していたのでしょう。それなら、非暴力で頑張って人々の良心に訴えようと考えたのでしょう。キング牧師による公民権運動はアメリカ国内だけでなく世界中の民主化運動における規範となりました。
     しかし、次第に彼のやり方は「時代遅れだ」や、「手ぬるい」と批判され始めます。そんな中、
    主義者だ。この国で非暴力を求められているのは黒人だけである。攻撃されれば、我々自身を守らなければならない。誰かが私の足を踏んだら、私は踏み返すだろう。」と、【目には目を】精神で、彼と全く反対のやり方をとったのがマルコムXでした。キング牧師と同じ時代に生き、黒人はアメリカの一部として堪え忍び続けなければならないのか?なぜ?と問いかけ、キング牧師とは別の視点から闘いを行っていた人物です。彼がもし暗殺されなければ、アメリカの黒人社会はまた違ったものになっていたかもしれません。ルコムが唱えたのは完全な人種分離でした。マルコムXは「黒は美しい」と叫び、黒人民族主義を訴えました。2人の最も違うところは、キング牧師は公民権運動、マルコムXは人権獲得運動であったところだと思います。目指すところは同じはずなのに決して交わらなかったこの2人。なぜこんなにも思想の違いが出たのでしょうか? それは2人が育ってきた環境があまりにも違うからでしょう。
     キング牧師は牧師の家庭に生まれ育って、比較的平和で裕福恵まれた環境で少年時代を過ごしました。キング牧師が最初に人種差別をされたのだと感じたのは小さな頃、隣の家の子供たちと遊んでいたら、そこの親が来て「この子と遊んじゃいけません!」と言われたという体験だといいます。その次の体験は数年後、高校時代にバスの中で同級生から「黒人は席をゆずれ」と言われたというものでした。これに対してマルコムXは、父がKKKに狙われ最後には殺され、母親も精神を病んでしまいました。その為彼らは取られたのです。それがマルコムXの少年時代でした。こ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「私には夢がある。いつかジョージア州の赤い丘で、かつて奴隷だった人の子と、かつて奴隷を所有していた人の子が、兄弟のように同じテーブルに座れるようになることを。私には夢がある。不正と圧制の熱で汗だくになっている砂漠の州、ミシシッピ、私の4人の子供たちが肌の色ではなく、彼らの人格で判断される国に住むことができることを。私には今、夢がある。」
    この言葉で有名で、人種差別と戦った人、それがキング牧師です。彼が行った数ある業績のひとつである、【バス・ボイコット運動】が印象的です。白人に反発し、嫌がらせや爆弾の被害に遭いながらも彼は「仕返しに暴力を使っても、問題の解決にはならない。汝の敵を愛せよ。汝を呪うものを祝福せよ。汝を虐げるもののために祈れ。それが私たちの生きる道だ。憎しみには愛をもって報いなければならない。」と言って非暴力を訴え続けました。なぜ彼は非暴力にあれほどこだわったのでしょうか?もし、私が彼と同じ立場に立たされたらまず暴力から入るでしょう。デモを起こし、問題の運転手やバス会社に怒鳴り込み、説得し、それでも何も変わらなかったら袋叩きにし・・・・自分の家が、家族が被害にあったら仕返しを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。