教育の方法と技術 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,067
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日、コンピュータの利用が学校教育のあらゆる分野で進んでいる。授業におけるコンピュータの効果的な活用を考えると、まず、コンピュータそのものについての教育を行う必要があると考える。
     これは、コンピュータの特徴の理解、操作能力の取得ばかりではなく、今日コンピュータがあらゆる分野で利用されていることから「情報処理能力」という見地からも教育を行うべきである。これらを児童生徒にしっかりと身に付けさせることによって、各教科の授業でのコンピュータの利用がより効果的になり、学習指導の展開のより一層の充実が期待できると考えることができる。ここで大切になるのは、教師がコンピュータの利用に対する知識や技術をしっかりと身に付けたり、必要に応じて外部講師を活用するなど、児童生徒に誤った指導をしないように留意しなければならないということである。
     児童生徒が抵抗感なくコンピュータを活用し、「情報処理能力」を身に付けていくためには、段階的なコンピュータの活用も大切になると考える。例えば、小学校では、低学年ではまずコンピュータに親しみ、お絵かきやお手紙、シール・名刺・カレンダー作り、ゲームなどをたくさん経験させて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。