教育の方法と技術 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数670
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導形態という場合には、授業における学習集団の組織の仕方に視点をおいて分類されることが多い。この観点に立てば、指導形態は、児童の組織方法の違いによって一般に次の三つの基本形態に分類される。
    (1) 一斉指導(一斉学習、一斉授業)
    (2) 小集団指導(グループ学習、グループ別授業、共同学習、班学習、分団学習)
    (3) 個別指導(個別学習、個人学習)
      一斉指導の特徴は一人の教師が多人数の児童に、同一内容を同時に効率よく指導することにある。授業は児童を特定の目標に到達させる働きかけであるから、その目標をより効率的に達成させるためには、すべての児童にいきわたる教師からの直接的な働きかけが望まれる。また、学習時間を限定されている児童の学習には、教授・学習の過程を時間という点から合理的、能率的に組織することも必要である。このような、要求に応えることは、一斉指導形態のもとでより可能であり、今日の学校教育において重要な指導形態である。
     一斉指導の長所としては、「全員に早く共通の情報を伝えられる」、「異なった経験や情報を出し合えるので、思考集団ができる」、「共通な学力を与えやすい」などがあげられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。