excelの使い方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数537
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートexcel表計算セルエクセル

    代表キーワード

    表計算

    資料紹介

    ExcelⅠ(入力と表作成)
    [A]Excelの概要
    (1) 表計算の機能
     ①長い計算も楽にできる。
     ②「関数」を使えば高度な計算も一発でできる。◎
     ③表が書ける。グラフが描ける。◎
     ④データの入れ替えや並べ替えが簡単にできる。
     ⑤データベースとして使える。
    (2) Excelの起動と終了
    起動:スタート ⇒ スタートメニューのMicrosoft Excel ⇒ 起動
    *Excelをスタートメニューに登録する方法
    スタート ⇒ すべてのプログラム(P) ⇒ Excelを右クリック
    ⇒[スタート]メニューにアイコンを追加(I)
    終了:ファイル(F)⇒ 終了(X)
    (3) 画面の構成
    ・ワークシート ⇒ Sheet1,2,3 ⇒ ブック
     ・タイトルバー,メニューバー,ツールバー,現在セルの表示,数式バー,
      列番号(A,B,C,……[256列]),行番号(1,2,3,……[65536行]),セル,
    アクティブセル,番地,シート選択ボタン,シート選択タブ,図形描画ツールバー
    ステータスバー(コマンド)左右スクロールバー,上下スクロールバー,
    作業ウィンドウ
    *ツールバーの表示を初期状態に戻す方法
     表示(V) ⇒ 標準(N) または、
    表示(V) ⇒ ツールバー(T) ⇒「図形描画」に“ゝ”を付ける。
    [B]入力
    (1) 基本的な入力方法
     ①入力したいセルをクリックする ⇒ そのセルが太枠でかこまれる
    ⇒ キーボードから文字を入力する
       ⇒ Enterキー ⇒ 半角の数字は右寄せで確定/半角の文字列は左寄せで確定
       (日本語は左寄せで変換され,もう一度Enterキーを押して確定)
     ②入力した数字や文字の修正
    全修正 :修正したいセルをクリック ⇒ 新しい数字や文字を入力
            ⇒ Enterキーを押して確定(上書きの形で修正される)
       部分修正:修正したいセルをダブルクリック
            ⇒ カーソルが表示されるので、そのカーソルを修正箇所へ移動
            ⇒ 間違っている文字や数字を消し、新しい数字や文字を入力
            ⇒ Enterキーを押して確定(挿入の形で修正される) 
    ③「Esc」キーを押すかツールバーの「元に戻す」ボタン“∩”を押すと、
       操作前の状態に戻すことができる。
     
    (2) 一歩進んだ入力方法
    ①連続入力Ⅰ: 隣接する2個のセルに数字を入力する
    ⇒ その2個のセルをまとめて選ぶ
    ⇒ 選んだ範囲の右下角へカーソルを移動する
    ⇒ カーソルが“+”に変わる ⇒ 入力したいセルまでドラッグ
    ②連続入力Ⅱ:月や曜日を1つのセルに入力する
             ⇒ そのセルの右下角へ移動する ⇒ カーソルが“+”に変わる
    ⇒ 入力したいセルまでドラッグ
    ③日付は「/」か「-」でも入力できる。
     ④数字を数値列ではなく文字列にするときは、その数字の先頭に「’」を付ける。
    ⑤同じ言葉の入力:入力したいセルで右クリック ⇒ リストから選択(K)
             ⇒ 表示されたリストの中から目的の言葉を選択
    *この機能は列(縦方向)のみ有効。
     ⑥オートコンプリート機能:いま入力している文字の先頭が、すでに入力した文字と              一致すると、後の文字が自動的に補完されて表示される。
    「Enter」キーを押して確定する。
    * 補完された文字が正しくない場合は、そのまま入力を続ける。
    *この機能は列(縦方向)のみ有効。
     ⑦置換機能:入力した同一多数個の文字列を他

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ExcelⅠ(入力と表作成)
    [A]Excelの概要
    (1) 表計算の機能
     ①長い計算も楽にできる。
     ②「関数」を使えば高度な計算も一発でできる。◎
     ③表が書ける。グラフが描ける。◎
     ④データの入れ替えや並べ替えが簡単にできる。
     ⑤データベースとして使える。
    (2) Excelの起動と終了
    起動:スタート ⇒ スタートメニューのMicrosoft Excel ⇒ 起動
    *Excelをスタートメニューに登録する方法
    スタート ⇒ すべてのプログラム(P) ⇒ Excelを右クリック
    ⇒[スタート]メニューにアイコンを追加(I)
    終了:ファイル(F)⇒ 終了(X)
    (3) 画面の構成
    ・ワークシート ⇒ Sheet1,2,3 ⇒ ブック
     ・タイトルバー,メニューバー,ツールバー,現在セルの表示,数式バー,
      列番号(A,B,C,……[256列]),行番号(1,2,3,……[65536行]),セル,
    アクティブセル,番地,シート選択ボタン,シート選択タブ,図形描画ツールバー
    ステータスバー(コマンド)左右スクロールバー,上下スクロールバー,
    作業ウィンドウ
    *ツールバーの表示..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。