教科教育法社会・地理歴史

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    帝京

    代表キーワード

    教科教育法社会地理歴史

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高校社会科という教科が実施されたのが、1948年からである。高校社会科は、青少年に社会生活を理解させ、経験を広め、深めようとするものである。
     高校1年の社会科は、現実生活の問題をベースとしている。高校2・3年生の社会科は、学問の系統を踏まえたものであるが、時事問題は、例外である。でも実際に行われたのが、1949年で、東洋史、西洋史、人文地理、時事問題が実施された。
     1951年版は、1947年版と同じ「一般社会科」「選択社会科」という構造である。「一般社会科」「時事問題」は融合科目に、日本史、世界史、人文地理は系統科目になった。
     高校1年は、一般社会科で、高校2・3年は、日本史、世界史、人文地理、時事問題の中から1科目選択するものであった。
     1955年版は、社会が政治・経済・社会に加えて新たに倫理という人生観や行為の基準となる思想について設けた。
     日本史は中学校よりも高い歴史認識を与え、日本史を深く理解させる。
     世界史は世界の諸民族、諸国家が互いに交渉しながら発展してきたことを認識させる。
     人文地理は日本および世界が当面している諸問題に重点を置いて、国際関係について理解さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。