近代国家とは何か 立憲主義から民族国家の成立まで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,084
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学近代国家歴史民族立憲

    代表キーワード

    哲学近代国家

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    タイトル:立憲主義から民族国家の成立まで
    はじめに
     このレポートでは、立憲主義の考え方を機軸として、民族国家(nation-state)について近代国家論の立場から考察する。具体的には、立憲主義を概略し、民族国家が成立するまでの過程を簡単に整理する。
    立憲主義から何が出てくるか
    立憲主義(constitutionalism)とは、憲法によって何らかの統治を行おうとする立場である。この立憲主義には、一般に基本的人権の尊重や権力の分立が含まれている。立憲主義の成立については、さまざまな説明が可能であるが、近代以前の身分制社会における限界を克服する手段として出てきた、あるいは、ホッブズの言うような自然状態を仮定することにより、その自然状態における「万人の万人に対する闘争」を解消する手段として出てきたと考えることができるだろう。以下では、このような立憲主義の理解に基づき考察を進めていくことにする。
    さて、このような立憲主義の考え方からはどのようなもの結果として出てくるであろうか。たとえば、特定の身分や民族が優遇されるような憲法典について考えてみよう。このような憲法を制定することは、階級闘争や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。