集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数8,043
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。
    集団援助技術とは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
     集団援助技術の基本的な原則として、バイステックの7つの原則があげられる。バイステックの7つの原則とは、①一人ひとり異なった個人として取り扱われたい(個別化の原則)、②感情を自由に表出したい(感情表出の原則)、③共感的反応を示して欲しい(情緒関与の原則)、あるがままの人間として取り扱って欲しい(受容の原則)、⑤裁きを受けたくない(非審判的態度の原則)、⑥自分自身で選択し決定したい(自己決定の原則)、⑦自己に関する秘密は守って欲しい(秘密保持の原則)、である。
     次に、集団援助技術が行われる過程について述べていく。
     集団援助技術の展開過程は、「準備期」「開始期」「作業期」「終結期」の4段階に分けられる。効果的な集団援助技術を実践するため、念入りな準備を行った上で援助を開始し、援助の過程で発見された問題を解決するための作業を行い、最後に次の段階の活動を考え、そしてまとめ、終結するという一連の過程である。この4段階を繰り返しながら、集団援助技術の目標を達成していくのである。また、何回かにわたって繰り返される集団援助技術活動の1回1回の中にも、同様にこの4つの段階が含まれているということも見逃してはならない。
    準備期
     準備期とは、利用者達に予備的な接触を始めるために、援助者が利用者たちへの接触を始めるためのいろいろな準備をする段階である。
     援助者は、集団援助活動を開始する前に、同じ施設・機関に属する職員全員に、この援助の意義を理解させておく必要がある。つまり、これから始まる集団援助活動は、援助者が個人として行うのではなく、施設・機関が行う援助活動の一環として、この担当者が担当し、実現するのだということを職員全員に明確に示しておかなくてはならないのである。施設・機関の職員全員が、これから始まる集団援助活動の意義や目的を十分に理解し、それぞれの専門的立場から支援することが重要である。
     集団援助技術の対象は、ひとつは一人ひとりの「個人」であり、もうひとつは、その「個人」から構成される「集団」である。ただし、先ほども述べた通り、個別援助と集団援助は無関係ではなく、表裏一体の関係にあり、集団援助とは、「集団」の力を利用して「個人」一人ひとりを援助していくことに他ならない。
     集団を構成する一人ひとりの個人の中には、比較的元気な人もいれば、障害を抱えた人もいる。これらの利用者一人ひとりは、どのような生活状況にあり、どのような問題やニーズをもっているのか。また、もしもこれらの人々を集めて集団援助活動をしていくとしたら、それはどのような集団になり、何が問題になり、どのようなニーズが出てきそうか、そのとき自分はどのように対処するか、などについてあらかじめ予測しておくことも必要である。
     以上のような準備を終えて、はじめて利用者に集団援助活動への参加を促すための予備的接触が始まるのである。その際、援助者は利用者一人ひとりに直接声をかけ、これから行う集団援助活動とはどのような援助で、どのような目的で行うのかを利用者にできるだけわかりやすく、かつ十分に説明することが大切である。このような予備的接触によって参加を促すことができるのである。
    開始期
     開始期とは、「個人」である利用者たちが集まってから「集団」を形成して活動し始めるまでの段階である。
     援助者は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。
    集団援助技術とは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
     集団援助技術の基本的な原則として、バイステックの7つの原則があげられる。バイステックの7つの原則とは、①一人ひとり異なった個人として取り扱われたい(個別化の原則)、②感情を自由に表出したい(感情表出の原則)、③共感的反応を示して欲しい(情緒関与の原則)、あるがままの人間として取り扱って欲しい(受容の原則)、⑤裁きを受けたくない(非審判的態度の原則)、⑥自分自身で選択し決定したい(自己決定の原則)、⑦自己に関する秘密は守って欲しい(秘密保持の原則)、である。
     次に、集団援助技術が行われる過程について述べていく。
     集団援助技術の展開過程は、「準備期」「開始期」「作業期」「終結期」の4段階に分けられる。効果的な集団援助技術を実践するため、念入りな準備を行った上で援助を開始し、援助の過程で発見された問題を解決するための作業を行い、最後に次の段階の活動を考え、そしてまとめ、終..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。