教育制度論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数514
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成12年3月、内閣総理大臣の下に設置された「教育改革国民会議」は、同年12月に最終報告として「教育改革国民会議報告-教育を変える17の提案-」を発表した。その中で、「新しい時代に新しい学校づくり」として、「コミュニティ・スクールの設置」が提言されており、この取組は、現在全国各地の学校で行われている。
    教育改革国民会議では、教育改革のより分かり易い具体的・建設的な提案を行うことを目指し、「今後の教育を改革し改善するために、誰が何をなすべきかを具体的に示した改革案を提示する」として、二つの基本理念をあげ提言を行っている。
    一つ目は、「基本に立ち返ること」である。同会議は、教育において社会性と人間性が基本であり重要であるとし、それを再認識する必要があるとしている。これは、自律性、他人への思いやり、伝統文化や社会規範の尊重など、社会生活に必要な基本的な知識や教養を身に付けるという当たり前の基本的な教育をおろそかにしてきたことが、今日の日本の教育の危機の根底にあるという考えから、今一度、基本を見返る必要があるということである。また、これまでの画一的な教育システムから個々の才能を重視できるよう、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。