教育の思想

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数828
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    19世紀末以降、欧米を中心に多様な教育改革運動を展開した「新教育運動」は、教科書中心・教師中心の旧教育を批判して生まれたものであり、新教育では子どもの個性・興味を中心とした自発性を尊重し、子ども自身による作業や活動を強調するものであった。
    アメリカの教育学者であるデューイは、自身の著書「学校と社会」の中で「子どもが中心となり、その周りに教育についての装置が組織される」と述べ、新教育では子どもが中心となることを高らかに宣言しているのである。デューイはまた、1896年にシカゴ大学付属小学校で実験学校を開設し、自らの教育学理論を実際の学校の中で検証した。この実験学校の教育実践報告として刊行された「学校と社会」の中で、デューイは自らの理想的・観念的な学校図を描いている。
     デューイは、学校と社会の関係を次のように考えた。「学校は、将来なされるであろうある種の生活と、抽象的で実際とはかけ離れた関係をもつようなレッスンを学ぶ場所ではなしに、生活と親密に結びつき、子どもがそこで生活を指導されることによって、子どもが学ぶうえでの住み処となるような機会を提供することになる。学校は小型の共同社会、胎芽的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。