道徳教育の研究

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における道徳教育は,豊かな心をはぐくみ,人間としての生き方の自覚を促し,道徳性を育成することをねらいとする教育活動であり,社会の変化に主体的に対応して生きていくことができる人間を育成する上で重要な役割をもっている。
    以下、道徳の時間の目標と内容、その指導方法について述べる。
    中学校学習指導要領―第3章:道徳―では、「道徳の時間」について、「道徳の時間においては、・・・道徳教育の目標に基づき,各教科,総合的な学習の時間及び特別活動における道徳教育と密接な関連を図りながら,計画的,発展的な指導によってこれを補充,深化,統合し,道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生き方についての自覚を深め,道徳的実践力を育成するものとする」とされている。つまり、「道徳の時間」の目標は,学校の全教育活動を通じて行う道徳教育の目標「道徳性の育成」に基づき、「道徳的価値の自覚を深め、道徳的実践力を育成する」ことを目指しているといえる。
    道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育内容は、二十三の内容項目と四つの視点から成り立っている。この四つの視点は,相互に深い関連をもっており、それを考慮し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。