【佛大】同和教育A判定

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数891
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。
     日本で、人権教育という言葉が使われるようになったのも、90年代に入ってからであり、1995年からの「人権教育のための国連10年」が大きな役割を果たしている。故に、日本での人権にかかわる教育という意味合いでは、まさに、同和教育が日本の人権

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践の具体的なあり方を論述せよ。
     日本で、人権教育という言葉が使われるようになったのも、90年代に入ってからであり、1995年からの「人権教育のための国連10年」が大きな役割を果たしている。故に、日本での人権にかかわる教育という意味合いでは、まさに、同和教育が日本の人権教育なのである。今回のレポートでは普遍的な人権教育は如何にあるべきか考察を深めるために、課題に沿って同和教育の意義とその歴史をまとめ、それを踏まえ、具体的な同和教育をはじめとする人権教育の学習活動が、どうあるべきかを構想する。
    まず、同和教育の意義について述べる。       日本国憲法は、第14条1項に「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定し、法の下に平等であると記してある。しかし、現実には日本国民のうち特定の地域に住む一部の人々が、日本社会の歴史的発展の過程において形成された、穢多や非人という身分階層構造に基づいて行われる差別により、経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。