科目最終試験問題 超お得セット 特別活動研究7設題 道徳教育の研究7設題 人権(同和)教育6設題 生徒指導・進路指導(初等)6設題 合計26設題

会員3,780円 | 非会員4,536円
ダウンロード カートに入れる
ページ数26
閲覧数2,868
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動研究 S0529
    科目最終試験問題
    『「学級活動」における「集会の活動」の指導の要点を、児童会活動の児童会集会活動と関連づけて説明しなさい。』
     特別活動において、学級活動の効果を高めるためには、まず学級の児童・生徒と担任の人間関係がしっかりと形成されていなければならない。学級活動を展開していく上で中心となる活動は、学級討議である。本来自主的に子どもたちが議題を決定し、それについて討議するのが望ましいが、教師が子どもたちに討議させなければならない場合がある。その際は、教師が子どもたちに議題を提示する理由についてきちんと理解を求めることが重要である。子どもたちが設定する議題が、どのような内容でもかまわないということはない。子どもたちが設定する議題でふさわしいものは、
    ・問題解決に緊急を要する内容
    ・子どもたちの多くが解決を図りたいと考えている内容
    ・子ども全員に関わりの深い内容
    ・十分な討議が必要で、ある程度複雑な内容
    ・結論があらかじめ決まっていない内容
    ・前向きで積極的な内容
    などが挙げられる。
     討議をする際には、十分な討議がなされたかが重要であり、その際に少数意見の尊重を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。