生徒指導・進路指導(初等) 科目最終試験問題 お得セット 6設題入り

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,210
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験問題
    生徒指導・進路指導の研究(初等)
    『教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題についてのべよ。』
     教科外教育とは、生徒指導や進路指導・教育相談といった教育活動や特別活動屋道徳教育といった時間が上げられる。学校において教科外指導という場合には、学校教育における「教科」のソトの領域に属するものである。すなわち、教科外教育が子どもたちの「知」の発達を担うということに対し、教科外教育は、「情」「徳」「体」の部分の育成を意図している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目最終試験問題
    生徒指導・進路指導の研究(初等)
    『教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題についてのべよ。』
     教科外教育とは、生徒指導や進路指導・教育相談といった教育活動や特別活動屋道徳教育といった時間が上げられる。学校において教科外指導という場合には、学校教育における「教科」のソトの領域に属するものである。すなわち、教科外教育が子どもたちの「知」の発達を担うということに対し、教科外教育は、「情」「徳」「体」の部分の育成を意図している。
     教科教育は、教科外教育と比較して教員資格・教科書・授業計画など明らかなものが多いため、構造は把握しやすい。教科外教育の構造は、漠然としている要素が多い。教科書があるわけでもなく、専門の教員がいるわけでもない。教科教育が「知」の発達を担う要素が大きいのに対し、教科外教育の目標は「望ましい人間形成」である。問題解決型の学力は、これまでの日本の学校教育であったともいえる。しかし、変化の激しいこの時代を生きていくためには、「問題発見方の学力」を育てることが重要であり、教科外教育の占める立場は大きい。「問題発見方の学力」というのは、教員が熱心に取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。