教育社会学 科目最終試験問題 お得セット 6設題入り

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,820
ダウンロード数81
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学
    科目最終試験
    『イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。』
     近年の中国は、経済体制の転換が進む中で、教育は経済的・社会的発展の基礎として一貫して重視され量的に大きく拡大してきた。学生総数は、1980年~2001年で約1.4倍となり量的拡大と共に様々な改革が進められた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学
    科目最終試験
    『イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。』
     近年の中国は、経済体制の転換が進む中で、教育は経済的・社会的発展の基礎として一貫して重視され量的に大きく拡大してきた。学生総数は、1980年~2001年で約1.4倍となり量的拡大と共に様々な改革が進められた。そのひとつは、経済体制転換に伴う市場原理の導入であり、学校設置主体の多様化が進んだ。従来の公立学校以外に民営学校が認められ、近年では一層の促進が図られている。 
     もうひとつの大きな改革としては、「素質教育」があげられる。素質教育の実施は、過度な受験戦争の批判として提案されたが、現在では新しい教育の枠組みとされている。単なる知育だけではなく、徳育・体育・美育を有機的に関連つけて学生の全面的な発達を促そうとする「素質教育」は、教育内容や入試方法の再検討にとどまらず、社会通念や雇用制度等社会の多くの分野で改革を求めるものである。この様な中国の改革は、わが国以上に多様化している。
     ただこの様な改革に問題もある。急激な改革により、量的拡大に教育条件の整備が追いつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。