生活科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数866
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。またその際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。
     キーワード:「学び」 「体験」 「かかわり」 「遊び」』
     
    第1章:生活科のカリキュラム
     生活科のカリキュラムは、表題にもあるように、「子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラム」ということが最も重要であり、また、生活科の現状と課題について、教育課程審議会によって次のように述べられている。
     「生活科は、具体的な活動や体験を通して、自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせられるなどして、自立への基礎を養うことをねらいとしている。
     児童の学習状況については、直接体験を重視した学習活動が展開され、おおむね意欲的に学習や生活をしようとする態度が育っている状況にあるが、一部に画一的な教育活動がみられたり、単に活動するだけにとどまっていて、自分と身近な社会や自然、人にかかわる知的な気付きを深めることが十分でない状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。