体育概論 科目最終試験問題 お得セット 6設題入り

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,606
ダウンロード数76
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    体育概論
    科目最終試験問題
    『体育(運動)ぎらいの子どもを生みださないための学習指導上の留意点について述べよ。 』
     
     近年の子どもたちは、体格は良くなっているが体力は低下している。だからといって。直接体力アップのプログラムを実施することは、ますます体育嫌いの子どもを増やすことになるだろう。
     子どもたちの体力の低下の原因は、不活発なライフスタイル、体を動かさなくても生きていける生活、動かさないのが文化であるような現在を含めた近未来的なライフスタイルの適応が始まった結果ではないだろうか?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育概論
    科目最終試験問題
    『体育(運動)ぎらいの子どもを生みださないための学習指導上の留意点について述べよ。 』
     
     近年の子どもたちは、体格は良くなっているが体力は低下している。だからといって。直接体力アップのプログラムを実施することは、ますます体育嫌いの子どもを増やすことになるだろう。
     子どもたちの体力の低下の原因は、不活発なライフスタイル、体を動かさなくても生きていける生活、動かさないのが文化であるような現在を含めた近未来的なライフスタイルの適応が始まった結果ではないだろうか?体力は人間の活発な源であり、健康維持や意欲・気力といった精神面の充実に大きく関わっている。こうした体力の低下は、将来の国民全体の体力低下に繋がるだろう。
     では、どのようにして子どもたちの体育嫌いを取り除き、体育を好きになってもらうのか?一般に人が楽しさを感じるのは、自己の能力の水準と挑戦対象の水準のバランスによるものである。(ミハイのフローモデル)競争や達成の欲求が保障されることが、楽しさを生み出す第一条件である。楽しさの成立の流れは、学習が進むにつれて、あるものは学習の停滞が原因で、またあるものは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。