国語科教育法 科目最終試験問題 『「読むこと」の指導では、「どんなこと」を「どのように」指導することが大切か。「ごんぎつね」(新見南吉作)を教材として、具体的に例を挙げて述べなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,138
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科教育法
    科目最終試験問題
    『「読むこと」の指導では、「どんなこと」を「どのように」指導することが大切か。「ごんぎつね」(新見南吉作)を教材として、具体的に例を挙げて述べなさい。』
     物語文の読解における「自分の力で学習を進める子ども」とはどのような子どもか。物語文の読解における「自分の力で学習を進める子ども」とは、言い換えれば「自分の力で物語文を読める子ども」のことである。したがって、そのような「力」を育てなければならない。『ごんぎつね』を読み取らせるだけでなく、子ども供たちが他の物語文を自分の力で読めるようにする必要があると考えている。物語文には、人物の心情変化が主題と深く関わっている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。