社会科教育法 科目最終試験問題 お得セット 5設題入

会員3,348円 | 非会員4,017円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,044
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会科教育法
    科目最終試験問題
    『5年生の国土産業学習について指導事例を通して授業のあり方を具体的に説明しなさい。』
     ここでは、私たちの生活と食糧生産という単元から考える。近年、わが国は先進国の中でもきわめて食料自給率が低い代表国になり、外国からの野菜輸入が増加させている。中でも「ねぎ」は際立って増加しており、主に中国が主流である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科教育法
    科目最終試験問題
    『5年生の国土産業学習について指導事例を通して授業のあり方を具体的に説明しなさい。』
     ここでは、私たちの生活と食糧生産という単元から考える。近年、わが国は先進国の中でもきわめて食料自給率が低い代表国になり、外国からの野菜輸入が増加させている。中でも「ねぎ」は際立って増加しており、主に中国が主流である。低価格で販売され、日本の多くの農家は姿を消していった。しかし、生活習慣病や食の安全などから、食生活の見直しが主張されだした昨今、伝統野菜の栄養価の高さや地域の食文化とのつながりが改めて注目されることとなった。ここで「今日の伝統野菜*九条ねぎ」を教材として取り上げる。九条ねぎと各地のねぎを比較させ、伝統野菜の価値を見直す点から、食生活支える食糧生産の意味、農家の人々が自然環境を生かす工夫や努力について考え話し合う時間を設ける。伝統野菜は、農家の人々の思いが込められた大切な地域資源であり地域の誇りである。わが国の農業がそれぞれの地域に生きる人々の努力と工夫から発展していることを忘れてはいけない。それより私たちの暮らしの維持・向上が図られていることに関心がもてる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。