算数科教育法 科目最終試験問題 お得セット 6設題入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,427
ダウンロード数87
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    算数科教育法
    科目最終試験問題 お得セット
    6設題をまとめました。
    第一期国定教科書(黒表紙教科書)時代の算数価の教育内容について述べ、それをもとに2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の教育内容を考察せよ。
     第一期国定教科書(黒表紙教科書)時代の教育は、富国強兵の政策同様、外国に追いつけ追い越せの精神が根底にあった。そのせいか、教育の一元化を目指し、外国の教育を参考とした教育内容となった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科教育法
    科目最終試験問題 お得セット
    第一期国定教科書(黒表紙教科書)時代の算数価の教育内容について述べ、それをもとに2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の教育内容を考察せよ。
     第一期国定教科書(黒表紙教科書)時代の教育は、富国強兵の政策同様、外国に追いつけ追い越せの精神が根底にあった。そのせいか、教育の一元化を目指し、外国の教育を参考とした教育内容となった。
     算数科の内容は、厳格な数え主義の下、数と計算を中心に構築された。国家の教育制度を確立する視点であったため、子どもたちにとってはとっても理解が難しかった。 そのような第一期国定教科書(黒表紙教科書)時代から、2002年度完全実施の学習指導要領は、大きく様子を変化させた。
     まず、人間教育が重視されている。生きる力の育成が大きな目標とされており、ゆとり教育をベースに授業時間削減をするとともに、知識重視の詰め込み教育から、学習過程を重視した楽しさを追及した学習のあり方が求められている。そこには、少数の勉強をする子どもたちと、多数の勉強をしない子どもたちという二極化から『何故学ぶのか?』という大きな問題を抱えている。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。