生活科概論 『生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践について学習指導案を作成せよ。(学年は、1学年でも2学年でもかまわないが、本時部分に詳細に作成すること。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,103
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践について学習指導案を作成せよ。(学年は、1学年でも2学年でもかまわないが、本時部分に詳細に作成すること。』
     子どもたちは、探したり、つくったり、見つめたりなど夢中で活動しているとき、心を動かし、頭をはたらかせています。そこに、新しい気付きやこれまでとは違った考えの発見があり、そこから子どもたちの学びが始まります。しかし、教師には、そのことがなかなか見えていません。また、以前の指導計画通り、教師の思い描く活動の展開通りに進めようとするあまり、子どもの気付きをとらえられなくなってしまい、結果として、子どもの思いをないがしろにしています。そして、その子の発見のよさや考え方のよさはその子に自覚されないまま過ぎていってしまいます。そこに共感する大人や、共に考え、喜びを分かち合う友だちがいることにより子どもの学びは自覚され、価値づけられていきます。そのことが、子どもの学びには大切なことだと考えます。子どもの活動の場に教師の適切な働きかけがあれば、学びはその子にとってより価値のあるものになっていくので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。