総合演習 国際理解

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数502
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『もしあなたが「総合的な学習時間」において、国際理解教育を主題とする授業を行うとすれば、どのような目標をたてて、どのような教材を使ってどのように授業を
    行いますか?対象となる学年を明記して具体的に論述して下さい。』
     私が総合的な学習時間において、国際理解教育を主題とする授業を行うとすれば、現在の日本の暮らし(食糧事情)は、あらゆる面で世界の国々と深く関わっている事に気づき、その大切さを理解することを目標にします。
    使用する教材は、世間を騒がせている冷凍加工食品(JTフーズなどの中国産冷凍餃子等)を使って授業を行います。尚、対象となる学年は小学校6年生を対象とします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『もしあなたが「総合的な学習時間」において、国際理解教育を主題とする授業を行うとすれば、どのような目標をたてて、どのような教材を使ってどのように授業を
    行いますか?対象となる学年を明記して具体的に論述して下さい。』
     私が総合的な学習時間において、国際理解教育を主題とする授業を行うとすれば、現在の日本の暮らし(食糧事情)は、あらゆる面で世界の国々と深く関わっている事に気づき、その大切さを理解することを目標にします。
    使用する教材は、世間を騒がせている冷凍加工食品(JTフーズなどの中国産冷凍餃子等)を使って授業を行います。尚、対象となる学年は小学校6年生を対象とします。
     まず始めに、児童に「私たちの食料について考えよう。」とテーマを伝え、教材となる主に中国産の冷凍加工食品を児童に見せます。今テレビなどのメディアでも頻繁に取り上げられていることから、児童達の心はグッとその冷凍加工食品に引きつけられます。多くの児童達は、その冷凍加工食品が中国産であることは認知しているかと思います。しかし、なぜその冷凍加工食品である餃子が中国で作られているかを答えられる児童の数はほんの一握りとなるでしょう。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。