教育心理学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数262
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども社会発達家族差別個人障害学習人間

    代表キーワード

    教育心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもの「個人差」について述べよ』
    現在、日本は少子高齢社会となり、子どもの存在は、国の財産である。将来を担う子どもにとって、それぞれの成長段階に最適な養育をすることが最善である。そのため、多様な選択肢、個人に最も適している方法を選ぶシステムが優れているものと考えられている。
    「個人差」とは、知能・学力・性格・適性などの特性についての個人間の差異を指している。例えば、ある集団に知能・学力・性格・適性などのテストを行って、その集団内の個人の得点にばらつきがあれば、それを指して個人差という。このように個人差は、決められた測定尺度によって定められる概念である。  個人差が生じる要因は「遺伝」によるものなのか、「環境」によるものなのか、長い間議論がなされ研究が進められているが、人間の行動に見られる個性の起源は想像以上の早期にあり、誕生して間もない頃にまで遡る。しかし、その後どのような環境で育まれるかによって、大きく影響されることも事実であり、両方の要因が作用していると言うのが、近年明らかにされている見解である。
     また、母体内での環境要因も大きく影響しているとされ、胎児の頃よりクラシック音楽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。