LCA(ライフサイクルアセスメント)について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数579
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    LCA(Life Cycle Assessment)について
    緒言
    近年、地球規模の環境問題が深刻化している。中でも、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、天然資源の枯渇は深刻で、人間社会においても多大な影響を与え始めている1)。これらの環境問題には、問題の引き金となる要因物質(環境負荷物質)が存在する。それは、地球温暖化、オゾン層破壊では、二酸化炭素(CO2)やクロロフルオロカーボン(CFCs)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)であり2)、酸性雨の問題では、硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)である3)。これらは、環境負荷物質と呼ばれ、人間社会から排出されている。具体的には、工場

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    LCA(Life Cycle Assessment)について
    緒言
    近年、地球規模の環境問題が深刻化している。中でも、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、天然資源の枯渇は深刻で、人間社会においても多大な影響を与え始めている1)。これらの環境問題には、問題の引き金となる要因物質(環境負荷物質)が存在する。それは、地球温暖化、オゾン層破壊では、二酸化炭素(CO2)やクロロフルオロカーボン(CFCs)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)であり2)、酸性雨の問題では、硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)である3)。これらは、環境負荷物質と呼ばれ、人間社会から排出されている。具体的には、工場やプラント、自動車、そしてエアコン等からである。天然資源の枯渇に関しては、最近の発展途上国の目覚しい急成長による資源の過剰消費が主な原因となっている。
    これらの環境問題に対して、各国又は、世界全体による対策と取組の必要性が更に増している。
    -日本の環境負荷物質排出量と推移-
    対策と取組を行う前に、まず自国が排出する環境負荷物質の現状を知るべきである。ここで、日本における環境負荷物質の排出量の推移を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。