教育相談の研究 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数217
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    師が行う育相談(校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べよ。
     師が、ある時はクラスを運し、さまざまな指導を行い、統制し、管理しつつ、成績の評をつける。その一方で、カウンセラとして、子供たちのさまざまなみや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決をはかるということを行っていかないといけない。    生徒にとって、師をいう立場の者にし、ある時は相談相手、あるいはカウンセラという立場として見るのは非常に困難であり、また矛盾があるのである。
    カウンセリングでは、面接室というのが必要件であるが、校においても相談室が多くの校で整備されつつある。しかし、それがどのように活用されているかは

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べよ。
     教師が、ある時はクラスを運営し、さまざまな指導を行い、統制し、管理しつつ、成績の評価をつける。その一方で、カウンセラーとして、子供たちのさまざまな悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決をはかるということを行っていかないといけない。    生徒にとって、教師をいう立場の者に対し、ある時は相談相手、あるいはカウンセラーという立場として見るのは非常に困難であり、また矛盾があるのである。
    カウンセリングでは、面接室というのが必要条件であるが、学校においても相談室が多くの学校で整備されつつある。しかし、それが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。