社会科指導法2(社会)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数564
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 欧米中心史観とは
     小学校、中学校、高等学校での歴史の授業は教科書の語り手の背後には「白人社会」がついてきている。そのため、明治維新以降の「欧米化、白人文化=文明開化」という欧米中心史観で成り立っているのである。多くの日本人が認識している歴史はこのような欧米中心史観であるが、これは日本の歴史だけでなく、世界の歴史のほんの一面しか認識していないのである。世界には白人以外の人もおり、アジアやアフリカ、南アメリカなどに住む非白人の積み重ねてきた歴史があり、欧米文化が全てではないからである。
    2 欧米中心史観の弊害
     欧米中心史観では「日本人のよさ」という点にはなかなか触れられていない。例えば江戸時代は「身分差別の厳しかった時代」「西洋文明に著しく遅れを取った時代」というように読み取れてしまう。だが、江戸時代の技術水準、文化水準は決して低くなかったのである。例えば、江戸の上水道の普及率は世界一であったり、大阪では世界に先駆けて米の先物市場があったり、江戸の識字率にいたってはロンドン20%、パリ10%未満をはるかにしのぎ、70%を超えており世界一を誇っていた。
     またほとんどの教科書では、日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。