社会科指導法1(社会)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数587
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大学全入時代となった今、「大学入試で出るから覚えなくてはいけない」という免罪符がきかなくなった。つまりこれまで以上に子どもの現実と将来のことを考えて、教師自身が何を伝えるべきか考えなければならない。これが「課題意識の持ち方によって歴史も地理も取り上げる内容が違ってくる」の意味である。例えば、まずは我々の住んでいる日本について知る必要があると考えれば、日本の地理を深く学んだあとに、外国についての授業を行う。世界の国々との協調が第一であると考えれば多くの国々を学ばせるといったように、大きく内容がことなってくる。今まで通り多くの場所で行われてきた、入試で問われる社会科の知識を単に伝えるだけでは、子ども達は社会科からより離れてしまう。テキストP93にも「教師がしっかりとした課題意識を持って授業を行えば、生徒の胸に鋭く迫るものがあるはずである。」とある。
     私が受けた小学校、中学校、高等学校の社会科の授業を振り返って考えてみる。私は小、中、高と12年間を通して社会科を学んできた。その中で記憶に残っている社会科の授業を挙げていきたいと思う。
     小学校では、体験する授業の記憶が強い。例えば、「流れ作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。