社会科指導法1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数751
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1947年に新設された社会科には占領軍総司令部の軍国主義、国家主義の徹底的な追放を求める立場から生まれた。特色は、第一に従来の修身・公民・地理・歴史の内容を融合し一体として学ぶべきものとした。デューイの経験主義に基づき、なすことによって学び、生きた知識と主体的な判断能力が育つとされた。自由研究の時間が設けられている点もその影響は読み取ることができる。ただ、伝統の軽視、道徳性の希薄、学力の低下、無国籍的性格等の批判があった。この後、GHQの占領が終わり独立して初めての学習指導要領の改訂が行われた。第3次改訂では、「経験主義的教育観」から「系統主義」の考え方に大きく変化していった。これまで高校2年から日本史、世界史等の社会科の分化が行われていたが、この第3次改訂より中学校から地理的分野(1年)、歴史的分野(2年)、政治・経済・社会的分野(3年)というように、分野別学習が確立した。次に、戦後の混乱期を過ぎ、日本経済が発展し世界の国々と肩を並べることができるまで成長した1968年から1970年にかけ学習指導要領の第4次改訂が行われた。社会科については、地理的分野、歴史的分野の知識に基づいて公..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。