特別活動の研究2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数254
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第二次大戦後7度目の改訂である現行の学習指導要領は1998年に告示され、小中学校は2002年度から実施、高等学校は2003年度の第1学年から学年進行で実施された。「生きる力」の育成とゆとりある教育をねらいとし、自ら学び自ら考える力の育成、教育内容の源泉と基礎・基本の確実な定着、特色ある教育、学校づくりを目指して改訂された。具体的な内容として、学校完全週五日制の実施、中学校では英語が必修となり、小学校中学年から高等学校において「総合的な学習の時間」が、高等学校において「情報科」が創設された。その一方で、教科の学習内容が大幅に削減され、さらに中学校・高等学校においてはクラブ活動に関する規定が削除された。特別活動に関連するものとして「ガイダンスの機能の充実」「主体的な進路学習」が示された。
     私は現在塾の講師をしており、中学1年生から3年生の生徒に授業をしている。その中で今の生徒に多く見られることがある。第一に、集中して話を聞けず落ち着いて授業を受けられない。第二に、正しいことを主張するなど公正な態度をとる生徒が少ない。第三に、講師や送迎の運転手さんに挨拶ができない生徒がいる。このような状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。