障害者福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数714
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ノーマライゼーションの考え方は、デンマークの「1959年法」が述べている「知的障害者のために可能な限りノーマルな生活状態に近い生活を創造する」という精神が基礎となっている。この法案に携わった学者は、「ノーマライゼーションとは知的障害の人々を困らせてきた保護主義に対する攻撃であった」と述べ、ノーマライゼーションの理念が知的障害者援助の変遷の中で画期的であることを強調している。
     この法案においては、ノーマライゼーションとは知的障害者をいわゆるノーマルな人にすることを目的としているのではなく、目標とされているのは知的障害者をその障害とともに受容することであり、彼らにノーマルな生活環境を提供すること、すなわち、最大限に発達できるようにするという目的のために、障害者個人個人のニードにあわせた援助、教育、訓練を含めて、他の市民に与えられているのと同じ条件を彼らに提供することを意味していると述べられている。従って、ノーマライゼーションとは「知的障害者が日常生活の様式や条件を社会の主流にある人々の標準や様式に限りなく近づけること」と定義されるのである。
     このノーマライゼーション理念に基づく具体的..

    コメント1件

    ukima3-1 非購入
    内容的には参考になるところがありますが、脱字が多いように思います。
    2007/11/10 13:16 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。