『主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察しなさい

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,157
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察しなさい。』
     まず、非限定関係詞文句から見ていくこととしよう。
     「限定文句には様々な種類があるが、非限定文句は一様である」という誤った情報が、日本の英語教育の現場で、学生・生徒間にも教員の中にもあたかも真実であるかのようにまかり通っている現状がある。
     しかしこれは誤りであり、非限定関係詞文句は少なくとも3種類に分けて考えられるべきものである。その3種類を、以下に記す。 
    (1)挿入句的非限定関係詞文句
    先行詞の後に挿入され、その内容を描写する非限定関係詞文句。特に、文の主語を先行詞とした「挿入句的非限定関係詞文句」では、下に挙げた例のように「譲歩」や「理由」等の「含意(言外の意味)」が出て、意義上で副詞文句相当語句になることが多い。
     ex)Less than an hour later one of the housemaids, who of course was quite aware that the Squire’s illness was serious, was surprised to hear a bold and decided step descending the stairs.     (T. Hardy)
     ここでのwho = because she…   
    (2)継続的非限定関係詞文句
    非限定の関係詞文句の中には、先行詞をうけてさらに話を進めていく文句もある。このようなタイプの関係詞文句は、例のようにそれぞれに独立した単一の文句、または「等位文句」に相当する。
     ex)He was Richard Phillotson, who had recently removed from the mixed village school to undertake a large boy’s school in is native town of Shaston, which stood on a hill sixty miles to the south-west as the crow flies.  (T. Hardy)
    (3)分離関係詞文句
    等位接続詞がその前の要素から分離されて次の文の先頭に立つ「分離接続詞」になることがあるように、非限定の関係詞文句も、先行詞を含む前の文から分離されて、関係詞が次の文の文頭に立つ「分離関係詞文句」になることがある。
    ex)He was, in some paralyzing way, conscious of his own defencelessness, though he had all the defence of privilege. Which is curious, but a phenomenon of our day. (D. H. Lawrence)
    以上の3種類の例から、非限定関係詞文句とて一様ではないことがわかった。
    では次に分詞構文について、詳しく述べることとする。
     分詞構文が「構文」として捉えられ、その用法が重視されてきたことは、英語教育上非常に有益である反面、英語の真の理解の妨げとなっている面もある。この誤解を生んだ原因は、分詞構文の特殊性に気をとられすぎて、分詞構文が「分詞句」であることを忘れてしまうことに端を発しているようである。分詞(participle)はその語義通り、「動詞の性質と形容詞の性質をparticipate(=take part)する(一部分ずつ持つ)ことば」である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『主語を先行詞にした非限定の関係詞文句と分詞構文とを比較考察しなさい。』
     まず、非限定関係詞文句から見ていくこととしよう。
     「限定文句には様々な種類があるが、非限定文句は一様である」という誤った情報が、日本の英語教育の現場で、学生・生徒間にも教員の中にもあたかも真実であるかのようにまかり通っている現状がある。
     しかしこれは誤りであり、非限定関係詞文句は少なくとも3種類に分けて考えられるべきものである。その3種類を、以下に記す。 
    (1)挿入句的非限定関係詞文句
    先行詞の後に挿入され、その内容を描写する非限定関係詞文句。特に、文の主語を先行詞とした「挿入句的非限定関係詞文句」では、下に挙げた例のように「譲歩」や「理由」等の「含意(言外の意味)」が出て、意義上で副詞文句相当語句になることが多い。
     ex)Less than an hour later one of the housemaids, who of course was quite aware that the Squire’s illness was serious, was surprised to hear a bo..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。