代数学演習講義資料8

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数298
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    代数学演習講義資料

    資料紹介

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    代数学演習
    第8回(全8回)
    8
    -1
    (注)
    映像の中で「整数入門編 第1章 定理1.1
    」と言っているのは,
    テキストの中の「整数入門編 第8章 定理8.1
    」のことです。
    同様に,第2章は第9章のことです。
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.

    m
    ϕ
    正整数 に対し 以下の正整数で と互いに素なものの 個数を で表す.
    は正整数全体の集合から自分自身への写像(関数)である. を
    オイラー関数

    Euler function

    と呼ぶ.
    m
    m m ϕ
    ϕ
    定義
    8
    -2
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    例2.4
    mが小さいときの の値を求めておこう.)
    m
    ϕ
    .1
    =

    ϕ
    .1
    =

    ϕ
    .2
    =

    ϕ
    .2
    =

    ϕ
    .4
    =

    ϕ
    1以下の正整数で
    1と互いに素なものは
    1
    のみである.
    2以下の正整数で
    2と互いに素なものは
    1
    のみで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    代数学演習
    第8回(全8回)
    8
    -1
    (注)
    映像の中で「整数入門編 第1章 定理1.1
    」と言っているのは,
    テキストの中の「整数入門編 第8章 定理8.1
    」のことです。
    同様に,第2章は第9章のことです。
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.

    m
    ϕ
    正整数 に対し 以下の正整数で と互いに素なものの 個数を で表す.
    は正整数全体の集合から自分自身への写像(関数)である. を
    オイラー関数

    Euler function

    と呼ぶ.
    m
    m m ϕ
    ϕ
    定義
    8
    -2
    2006(C) BUKKYO UNIVERSITY All Rights Reserved.
    例2.4
    mが小さいときの の値を求めておこう.)
    m
    ϕ
    .1
    =

    ϕ
    .1
    =

    ϕ
    .2
    =

    ϕ
    .2
    =

    ϕ
    .4
    =

    ϕ
    1以下の正整数で
    1と互いに素なものは
    1
    のみである.
    2以下の正整数で
    2と互いに素なものは
    1
    のみで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。